​プラットフォームの仕組み
ガバナンス(統治)

 JYPSでは、活動テーマも団体の規模、地域も異なる多様な若者の団体が

参加できるようオープンで民主的な仕組みを採用し、

代表制と民主制の担保を原則にプラットフォームを整えています。

同時に、各分野ごとの施文的な知識を最大限、政策提言に生かせるよう工夫をしています。

JYPS組織図.jpg

全体会

加盟団体全員が参加できる場所であり、意思決定が行われます。一年に一度総会を開き、予算決定や運営委員会、その他役職の任命を行います。定期的にオンラインで、全体会議を開催し、必要な意思決定や新しいイニシアティブに関する議論を行います。

理事

選挙によって選ばれる役割で、団体が担当し、事務局を監視・監督し、説明責任と透明性を確保します。

事務局

JYPSを運営し、全体会の決定事項を実施していきます。事務局長を中心に、各部の統括とニューヨーク支部によって成り立ちます。

監査

予算の執行と支出報告を監視します。

分野別担当

各分野に精通する若者団体が選抜されます。それぞれの見地から、専門的な政策提言遂行のためのアドバイスをします。

JYPS協会

事務局経験者を中心に構成し、JYPSが円滑に活動できるよう、全体会、理事会、そして事務局の決定に従い、法人格機能を提供します。協会は、独自に活動はせず、JYPSの総則に従って機能します。

JYPS運営図.jpg

​加盟団体とパートナー

​JYPSの加盟団体・パートナーについてもっと知る
加盟団体紹介はこちら
​JYPSの加盟員・団体になる!
メーリスはコチラ

​分野別=17つの分野

分野別担当として合計17つの分野に分かれています。

現在の分野別担当団体は以下​。​​​

2. 飢餓

1. 貧困

sdg_icon_01_ja.png

3.健康と福祉

sdg_icon_03_ja.png

4. 教育

sdg_icon_04_ja.png

5. ジェンダー

6. 水

sdg_icon_06_ja.png

7. エネルギー

sdg_icon_07_ja.png

8. 働きがいも、経済成長も

sdg_icon_08_ja.png

9. 産業と技術革新の基盤

sdg_icon_09_ja.png

10. 人や国の不平等をなくそう

sdg_icon_10_ja.png

11. 住み続けられるまちづくりを

sdg_icon_11_ja.png

12. つくる責任、つかう責任

sdg_icon_12_ja.png

13. 気道変動に具体的な対策を

sdg_icon_13_ja.png

14. 海の豊かさを守ろう

sdg_icon_14_ja.png

15. 陸の豊さも守ろう

sdg_icon_15_ja.png

16. 平和と公正をすべての人に

sdg_icon_16_ja.png

17. パートナーシップで目標を達成しよう